衣裳工房 – STUDIO –

一言に『衣裳』といっても、着物や帯だけではありません。
現在、松竹衣裳の工房においては衣裳に付随する 【襦袢】【小裂】【着肉】【その他】も製作しています。
それぞれ独立した工房を持ち、専門の職人が所属しています。
そんな衣裳製作の現場をカテゴリー別にご紹介しましょう。

着物や帯

着物や帯

着物や帯などを製作している部門を大別すると、織物や染めあがりの反物を裁ち切り、
裏廻りなど各パーツの生地を揃えて縫うところまでを行うチームと、
それを仕立てるチームの2つに分かれています。
基本的にはみな、和裁の専門学校を卒業して入社しますが、
衣裳の仕立ては普通の和裁とは異なりますので、入社後は一から基礎を学びます。
簡単な直し物から始まり、帯・着物・袴・装束物と、年数が進み経験値が上がるに従って、
大きなものを仕立てるようになります。

製作中のようす ▲ 製作中のようす

歌舞伎で使用する衣裳の中には、特殊な形のものが
数多く存在します。例えば『勧進帳』という演目で
弁慶などが身に付ける【大口】と呼ばれる袴は、表地だけでなく
中に入れる芯も厚く固く、一針一針に腕力が必要で、
恰好よく仕立てるためには、大変な重労働となります。

また、歌舞伎に限らず舞台衣裳は、
出演される役者さんの寸法に合わせて仕立て直すので、
各々の役者さんに対応すべく針目を大きくしていることが
個人の着物の仕立てと大きく違う点です。

襦袢

襦袢

【襦袢】といえば、着物の下に着る下着という印象があると思いますが、
【襦袢】がなくては衣裳が成り立ちません。
着物の衿の下から覗く襦袢の色によって、役者さんもしくは、その役柄の男っぷりを引き立てたり、
また女性の色気を増すよう表現したり、時にはさりげなく季節感を演出したりします。
工房では、仕立技術はもちろんのこと、「この衣裳にはこの襦袢」という決まり事や、
特殊な形の襦袢も多く、その知識と在庫は膨大な量です。

小裂(こぎれ)

小裂

【小裂】も衣裳の大切なカテゴリーのひとつです。
歌舞伎を良くご覧になる方でも、正確にご理解していらっしゃる方は少ないのではないでしょうか?
舞台にまつわる布製品一切を【小裂】と称し、昔は衣裳・小道具・大道具とは別に独立して存在し、
歌舞伎を上演する劇場には座付で専任担当者が常駐し製作管理を行っていました。
現在は品物によって別々の業者が扱っております。
弊社が扱っているのは衣裳の小物にあたる
「裾除け」「丸ぐけ」「たすき」「前掛」「石帯」「腰帯」「褌」
「ハチマキ」「上締」「頭巾」「しごき」「紐付」「手筒」「手拭」など、
衣裳に関するすべての布製品を扱っています。

小裂2 ▲ 小裂

また【小裂】では、歌舞伎や日本舞踊の舞台で出語りをする長唄さん、 お囃子さん、清元さん、義太夫さんが使用する『肩衣』も扱っています。 この演目にはこの肩衣といった「決まりごと」を考慮した上で、 演じる役者さんに合わせて「紋」を付替えて準備をします。

その他にも、「黒衣(くろこ)」や
和洋折衷のデザイン衣裳の小物なども
この工房では製作しています。

小裂 ▲ 肩衣

着肉

着肉

松竹衣裳の工房の中でも特殊な位置付けにあるのが【着肉】です。
以前は、代々【着肉】を生業としてやってこられた河内さんという方がいらっしゃったのですが、
残念ながら跡継ぎがなく廃業され、当社がその伝統と技術を引き継ぎました。

【着肉】というのは読んで字のごとく『着る肉』で衣裳の下に着用するものの総称ですが、
その種類は多様です。刺青の柄が入った『刺青着肉』や、白粉を塗ったように見せる『おしろい着肉』、素足のように見せるために着る『肌色着肉』、お相撲さんなどの体型にするために着る綿の入った『綿入着肉』(通称:肉襦袢)、その他体型の補正に使われる、胸・腹・腰ぶとんなど様々です。

すべて演じる役者さんの体型や肌の色、またその役柄の性格に合わせて仕立てます。

その他

紋

その他には、衣裳に縫い付ける『紋』『大紋』、
金糸の縫いの入った『縫紋』『台付』の製作など、小ロット物や一点物を扱う工房もあります。
またこの工房ではシルクスクリーンプリントによる半纏の『衿字』『背紋』、
テレビや映画などで使われる制服・作業着などのネーム入れやロゴ印刷など
多岐にわたる作業を一手に引き受けています。

デザインルーム

デザインルーム

松竹衣裳の工房の中で一番新しいのが【デザインルーム】です。
幸いなことに、立ち上げ当初からお客様の評判も良く、少数精鋭ながらも着実に歩みを進めてまいりました。
映画やドラマ・舞台・CM・各種イベントとジャンルを問わず、フィギュアや某有名キャラクター、はたまたロボットやわんこ(犬)に着せる服など・・・
そのデザインから製作まで、幅広くお取り扱いをさせていただいております。

まずはご相談ください。スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

【ユニフォームデザイン】

この度、松竹120周年記念に合わせ、
松竹サービスネットワークの清掃スタッフのユニフォームをデザインさせていただきました。

松竹サービスネットワーク清掃スタッフユニフォーム

「勧進帳の弁慶」の衣裳をモチーフにしたオリジナルデザインのスタッフシャツと、
「弁慶の水衣」をかたどったスタッフブルゾン(一部をデザイン加工)、いかがでしょうか。
機能性・耐久性・保温性という機能性を保ちつつも、デザインにこだわった
松竹らしいユニフォームに仕上がりました。

松竹サービスネットワークのFacebookページでは、清掃スタッフによる着用写真も掲載しています。
是非、ご覧ください。
>> 松竹サービスネットワーク Facebookページはこちら

トップへ